今すぐ使える医薬品

医師の処方箋がなくとも利用できる医薬品を中心に紹介しています。

【ホワイピュア】医療用医薬品と一般用医薬品

 

医療用医薬品

医療用医薬品は病院や診療所などで、医師が診断した上で発行する処方せんに基づいて、薬剤師が調剤して渡される薬です。
処方薬とも言われます。
この薬(医療用医薬品)は医療従事者の指示に基づいて使われますので、効果の高いものが多い半面、副作用にも注意が必要です。
もっとも、医師の診断に基づいて処方された、患者の症状や体質に合った的確な薬とも言えます。

 

 一般用医薬品

薬局や薬店で自分で選ぶことができ、だれでも買うことができる薬を、市販薬、大衆薬などと言い、正式には「一般用医薬品」と呼びます。
一般用医薬品は、薬局のレジのカウンター越しに買える薬なので、症状、年齢、体質などのさまざまな人が使用するということや、患者さん自身の判断で使用することを考え、安全性が重視されています。
また、かぜ薬のように、できるだけ多くの症状に対応するために複数の成分が含まれていることも特徴です。
安全性を重視するため、薬の有効成分の含有量を少なくしてあることが多く、効き目が抑えめであるため、初期の段階には適していますが、症状が重篤な場合は適していません。

 

 一般用医薬品の販売方法の変更

薬事法の改正により2009年度から、一般用医薬品の販売方法がそのリスクの程度に応じて、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品の3つのグループに分類され、分類によって販売方法を変えることになりました。
この分類は、言いかえると薬に対する情報の必要度の高さを示す分類ともいえます。

 

第1類医薬品
薬剤師による情報提供が義務づけられている薬で、薬剤師の管理・指導の下でのみ販売や受け渡しが可能な医薬品です。
(例:H2ブロッカー含有薬、一部の毛髪用薬など)

 

第2類医薬品 :
薬剤師又は登録販売者が常駐する店舗のみで販売や受け渡しが可能で、情報提供は努力義務とされる医薬品です。
(例:主なかぜ薬、解熱鎮痛薬、胃腸鎮痛薬など)

 

第3類医薬品 :
リスクの程度は一番低く、購入者から直接希望がない限り、商品説明に際して法的制限をうけず、唯一通信販売が可能な医薬品です。
(例:ビタミンB・C含有保健薬、主な整腸剤、消化薬など)

 

第2類と第3類の医薬品は、薬剤師だけでなく所定の試験に合格した登録販売者が販売可能なため、医薬品の店舗販売業の許可を得たスーパーやコンビニエンスストアでも販売されています。

 

ホワイピュア


シミ・そばかすの原因となるのは、
紫外線やストレスなどから過剰に発生してしまった黒色メラニンです。

【ホワイピュア】によれば、
1,000mg配合されたビタミンC(アスコルビン酸)と、
メラニンの生成を抑制するL-システイン、そして
沈着を抑制するビタミンEが協力しあい、
メラニンの発生を防ぎます。

L-システインとビタミンC・ビタミンEは、
コラーゲンが生成・維持し、新陳代謝を促進するビタミンB2と、
皮膚の再生を促進するビタミンB6が協力することで、
肌の新陳代謝を進め、肌の生まれ変わりのリズムを整えます。

肌の生まれ変わりのリズムを整えることで、
肌に残ったままのメラニン色素が排出されやすくなり、
肌の奥で作られているシミ・そばかす予備軍も排出されることで、
目に見えないシミ・そばかす対策もできます!

シミ・そばかすを解消させるためにあれこれ対策を講じても、
またターンオーバーが乱れてしまうと意味がありません。

【ホワイピュア】には、
ターンオーバーの働きを助ける「L-システインとビタミンC」、
さらには「ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンE」がバランス良く含まれています。
このため、継続して服用することで、将来のシミ・そばかすの発生を予防することができます。

【ホワイピュア】の詳細は、公式ページ↓↓↓でお確かめ下さい。

しみに効く医薬品 ホワイピュア

 

【ホワイピュア】の最大の特徴は、サプリメントではなく、効果が認められた第三種医薬品であることです。

医薬品であるからには、必ず効果・効能があるわけです。

また、L-システインを最大限(240mg)配合し、ビタミンC(アスコルビン酸)を1,000mgも配合していることも、注目すべき特徴です。

これら有効成分の配合量が、【ホワイピュア】の効果・効能をより顕著で確実なものにしているのです。

しみに効く医薬品 ホワイピュア

 

ブロトピ:医薬品